【悲報】オルビスユーを使うとベタベタする。これ大丈夫?理由はコレ


乾燥肌の人には朗報。
オルビスは超保湿力が高い基礎化粧品を開発しました。
その名はオルビスユー。

 

 

30代からの肌の不調に着目して開発されたエイジングラインの基礎化粧品。
30代以降の肌は、加齢ととものセラミドが減少していきます。
セラミドとは、肌の水分を保持している成分。セラミドは加齢とともに減っていきます。

 

 

だから、乾燥していき。小じわやほうれい線の原因に・・・。
この現象を放置していくから老けこんでいくんです。自然の摂理ですね。

 

 

しかし、適切なケアをしていくといつまでも若々しくいられるんです。
エイジングケア=保湿がカギ。
オルビスユーは保湿力が神レベルと口コミで拡散され、2018年10月に発売されましたが、2ヶ月前の先行予約ですでに又使いたいと90%以上の人が言い、シリーズ満足度100%を誇る基礎化粧品。

 

 

そんなオルビスユーを使用する事で、べたつく、べたべたすると言っている人をたま〜にみかけます。

 

 

 

オルビスユー べたべたする原因って一体なんなの??
オルビスユーを使ってべたつく、べたべたすると言っている人って洗顔料何使っていますか??

 

 

洗顔がきちんとされていないと、オルビスユーの化粧水がうまく浸透していかずべたつくという症状がでる場合があります。

 

 

オルビスユーの洗顔料(ウオッシュ)は、ブースター効果があります。
ブースター効果とは、化粧水の浸透力を上げるという意味。
しっかり角質をすっきり洗い流し、余分な皮脂をしっかり洗い流す事で化粧水の保湿成分はしっかり肌に浸透していきます。

 

 

しっかり洗顔をされていると、肌に保湿成分が残ってべたべたする事もなくなるので、しっとりもっちりとした肌になるんですが、しっかり洗顔がされていないと肌はべたべたしてしまいます。

 

 

オルビスユーを使ってべたべたする人はこう使ってみて

今手持ちの洗顔をよく泡立てて、しっかり洗顔してみる

オルビスユーのウオッシュを使っていないのであれば、手持ちの洗顔を良く泡立ててしっかり濃密泡で洗顔してみる。

 

 

洗顔をオルビスユー ウオッシュに変えてみる

これが一番確実だと思います。ブースター効果があるオルビスユーのウオッシュは、クレイ成分(泥)が汚れをしっかり吸着して洗い流してくれるので、次に使うオルビスユーローションがしっかり浸透してべたつく事はなくなります。もっちり弾力ある肌になります。

 

 

洗顔も使っていてもべたつく人は、適量ではない可能性がある

オルビスユーの洗顔も使っているのにべたつくという人は適正量ではない可能性があります。

 

オルビスユーのローションの適正量はティースプーン一杯程度です。
本当少しの量でしっとりしますので、付け過ぎるとベタベタしてしまいますので注意が必要です。

 

洗顔もオルビスユーの洗顔を使っているのであれば、適正量を見極めて使用量を加減してつかいましょう。

 

 

上記3点を見直すだけで、べたつき、べたべたは解消されるかと思いますので、是非参考に使用をしていってください。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る