オルビスユーコットン

オルビスユーを使う時はコットン?それとも手?美肌に効果的な使い方

 

なんか最近化粧にノリも悪いし、保湿しても乾くわ。

ほうれい線やシワも目立つようなってきたし・・・


今こんな悩みがある人
  • 30代なってやたら肌が乾くようになった
  • シワやほうれい線が目立つ
  • 毛穴が目立つ。ファンデーション塗っても目立つ。隠れない。
  • 肌のくすみが気になる
  • 化粧のノリが悪い

この症状は、30代から停滞による肌の細胞脱水が原因。
オルビスでは2018年10月23日にエイジングラインの基礎化粧品オルビスユーを発売しました。

 

オルビスユーは、うるおいが停滞した肌細胞に、うるおいで満たしてあげる事でハリ・弾力を取り戻し若々しい肌へ導くエイジングケアライン

 

 

インナー保湿活性エイジングケアという観点の元オルビスユーを開発しました。

 

とにかく保湿にこだわり抜いて開発されたオルビスユー。"見た目を変える"化粧水なんて異名の名をもつほど。期待は大きいです。

 

エイジングケアといえば、保湿がキーポイントですからね。

 

今回は、オルビスユーを使う時はコットンは必要か??という話。

 

オルビスユーを使用時はコットンじゃなく手のひらで付けた方が美肌効果が高い!たった一つの理由

オルビスユーの化粧水はとろみがある化粧水なんです。

私も元々は、化粧水はコットンでつけるタイプですがオルビスーの化粧水に関しては手でつけます。

 

まず、オルビスユーをコットンで使用した場合

  • 馴染みがめちゃくちゃ悪い
  • 使用量も多くなってしまうので、せっかく高コスパな化粧水なのにコスパが悪くなる

こんなデメリットがあります。

 

コットンで付けた方が、肌深部に浸透して肌の体温を下げる効果があるんです。肌の温度が高いと、化粧水がつけても蒸発してしまったりるすので、肌の温度を下げる事で潤いが持続するとも言われています。

 

オルビスユーに関しては、肌不調を感じている30代以降の女性向けの化粧品でかなり保湿にこだわってつくられています。

 

敏感肌や乾燥肌の人はコットンで付けると肌刺激も多くなりますし、シミが発生する危険性もあります。

 

そしてとろみがあり、肌にのせた瞬間美容成分がはじけてさらっとしたテクスチャーに変換され肌に瞬時に浸透していくオルビスユーの設計を考えると、手のひらで付けた方が肌深部まで浸透するので、手のひらで付けた方が美肌への近道と言えます。

 

 

【まとめ】オルビスユーはコットンではなく、手のひらでつけましょう。


オルビスユーの化粧水の使い方としては、「手のひらで優しく肌になじませて、最後の5秒ハンドプレスで肌深部に浸透させる」方法が推奨されています。

 

私も半年以上オルビスユーを使用していますが、化粧水を肌に馴染ませて最後のハンドプレスをしないとしっかり浸透されていないような気がして仕方ありません。

 

最後のハンドプレスが深部まで浸透させるキーポイントでもあります。

 

私はとろみ化粧水が正直苦手だったんですが、オルビスユーの化粧水は手のひらに出した時にはとろっとしたテクスチャーですが、肌にのせるととろみ成分につつまれていた美容成分が弾けてさらっとしたテクスチャーに変換。スーッと肌に素早く浸透してくんです。

 

だからオルビスユーの化粧水のとろみは気にならなくて使っているんです。
しかしこればっかりは、好き好きなので試しにトライアルセットから始めるといいです。

 

初回は公式通販サイト限定で1000円で試せちゃいますし、肌に合わなくても全額返金保証もついているので、ノーリスクで使えるのもまた魅力!

>>1000円で始められるトライアルセット詳細はこちら!

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る