オルビスユー インナードライ

【朗報】オルビスユー インナードライ肌が使うと効果的な2つの理由

オルビスユー インナードライ
オルビスユーはエイジングライン用基礎化粧品。

 

肌調子が悪いと友人に相談したところ

オルビスユー インナードライ

 

オルビスユー使ってみな、肌変わるよ!

と教えてくれたのがきっかけで使うようになりました。

 

そして、「インナードライの私の肌がオルビスユーは適している」という事も聞きました。

 

そして肌変わるなんて言われて公式サイトを見ていると、見た目が変わる化粧水なんて堂々と書かれているではないですか!!

 

これが噂の"見た目を変える"化粧水
オルビスユー インナードライ
正直『嘘癖ぇな』なんて思って使っていましたが、オルビスユーを使って早6ヶ月経過していますが

 

  • 肌綺麗!
  • 基礎化粧品何使っているの?

 

なんて言われるようになった位。
本当に見た目は変わった・・・・。

オルビスユー インナードライ

 

嘘癖ぇとか疑ってしまってすいませんでしたーーーー!!

 

今回の話は、オルビスユーはインナードライ肌の人が使うと効果的な大きな理由を2つにわけて紹介していきます。

インナードライ肌って一体どんな肌質の事??

インナードライ肌は別名(乾燥性脂性肌)の事。
肌の内側は乾燥しているのに肌の外部は皮脂でべたついている状態の肌の事をいいます。

肌の表面が皮脂でテカっているため、自分の肌はオイリー肌向けの基礎化粧品なのかな?と使っている人も多いんです。

 

そしてニキビや肌の吹き出物、乾燥して小じわやほうれい線毛穴の開き等のトラブルが起きている人も少なくないです。

 

インナードライ肌の人で現状肌の調子が悪い人は、オルビスユーを使ってみるといいですよ。

 

↓オルビスユーを1000円で試せるページはこちら↓

 

インナードライ肌には保湿が肝心!インナードライ肌にオルビスユーが適している理由3選

オルビスユー インナードライ
インナードライ肌は保湿で満たすスキンケアが適しています。

 

オルビスユーはインナードライ肌に適している理由が大きくわけて2つあります。

 

オルビスユーの洗顔で古い角質や酸化した皮脂を一掃し、次に使う化粧水の浸透を底上げする

オルビスユー インナードライ
オルビスユーは洗浄力が高い洗顔料ですが、必要な皮脂は肌に残し洗顔してくれるの画期的な洗顔料。

 

皮脂量が多い肌の人が、保湿が多めの洗顔料やオイル系の美容液を使ってしまうと逆にトラブルになりかねません。皮脂が逆に多くなってしまってニキビ肌や吹き出物の原因になってしまいます。

 

オルビスユーの洗顔料は、顔のトーンが悪く見える角栓・角質・酸化した皮脂を一掃してくれ、必要な皮脂は残してくれる画期的な洗顔料。そして次に使う化粧水の浸透を底上げしてくれるブースター洗顔でもあります。

 

オルビスユーの洗顔と化粧水はセットで使うと効果的です。

オルビスユーの保湿は肌内部をしっかり保湿する!インナードライ肌には適している化粧水

インナードライの人は、脂性肌用の基礎化粧品を選びがちですが、しっかり保湿力が高い基礎化粧品をつかって保湿をしていかないと肌の適切なケアとは言えません。

 

オルビスユーの化粧水は、肌の内部をしっかり保湿ケアをしてくれて、肌表面をしっかり保湿してくれる。

 

私の肌もインナードライでした。
肌は乾燥しているくせに、皮脂が浮き上がるほど・・・。

 

でもオルビスユーを使うようになってからは、肌の内側がしっかり潤っているせいか、洗顔ですっきり余分な皮脂をおとしてから保湿しているせいかインナードライ肌が以前よりかなりよくなりましたし、ニキビ・吹き出物が出なくなってきました。

 

インナードライ肌ってオイル系美容液が効果的と言われていますが、オルビスユーはオイルカットの基礎化粧品。オルビスユーでインナードライ肌は十分ケアできます^^

 

【まとめ】オルビスユーはインナードライ肌のケアには最適!皮脂を適正量に保ちみずみずしい肌を!

私も、オルビスユーでインナードライ肌のケアをして皮脂が少なくなっているのでもう手放せない状況です。

 

乾燥肌のくせに顔はテカるから本当厄介ですよね。
インナードライの肌がよくなって、しっかり保湿されれば昼間のメイクも全く崩れない肌になります。

 

私なんて、朝化粧したら夜帰宅まで全く化粧崩れしていませんから^^
インナードライ肌のケアをしていきたいのであれば、オルビスユー試してみるといいですよ。

 

オルビスユーは初回限定特典で「商品到着30日以内であれば肌に合わなくても全額返金保証」がついているのでなんのリスクもなく使えますから嬉しいポイントです。

 


 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る